NEWS

米陸軍 ウェアラブル電源供給システム「SWIPES」

海外軍事 Comments(0)
米陸軍 ウェアラブル電源供給システム「SWIPES」Arotech Corp の Battery and Power Systems 事業部門は 米陸軍から 1,500 基以上、240 万ドルの SWIPES (Soldier Wearable Integrated Power Equipment System) システム受注を発表。SWIPES はウェアラブル化を目指したモジュラー電源供給システムで、兵士の着用する Molle 対応装備にある GPS や無線機、狙撃探知装置など様々な電子装備に対して供給可能。最大で 30 %の低減に結びつくとし、複数日に渡って従軍する際などで携行する予備バッテリーの負荷軽減に役立つとのこと。SWIPES は、携行物資の低減に役立つことと、兵站面での促進から 2011 年度の "Top-Ten Best Army Inventions" を受賞している。

Arotech Corp 2013/02/25
About SWIPES
About Top-Ten Best Army Inventions
Photo Credit: J.D. Leipold

過去の「米軍バッテリー重量軽減計画」関連記事:
ブーツ埋め込み型の歩行式充電器が商用化へ
米陸軍、ワイヤレスによる電力転送を模索


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop