NEWS

DevGru メンバーがパラシュート降下訓練中の事故で死亡

海外軍事 Comments(0)

米海軍は 3/29、東海岸の NSW (Naval Special Warfare) 、Virginia Beach に拠点を置く海軍特殊部隊 Navy SEALs メンバー 1 名の死亡と、1 名の負傷を伝えた。軍スポークスマンによると、2 名の死傷者を出した事故は、3/28 (木) 12:30 頃、Arizona 州 Pinal Airpark にある USSOCOM の訓練施設で、パラシュートを使ったフリーフォール訓練をおこなっていた際に起きたもの。両名共にベテランのジャンパーだったとのこと。事故を報じた AP 通信によると「死亡したのは、Brett D. Shadle 氏 (31歳)で、ST6 (SEALs Team 6, a.k.a. DevGru) メンバー」としている。一方の負傷したメンバーの名前は明らかにされていない。死亡した Shadle 氏は、2000 年 7 月海軍に入隊し、2002 年に SEAL としてのキャリアがスタート。イラク、アフガンでの戦争に参加し、その勇気ある活動で 2 回の Bronze Star メダルが授与されている。軍当局は、事故の原因について調査を継続する方針。ST6 は、Osama bin Laden 容疑者の急襲作戦を成功裏に収めた、SEAL チームの志願者の中から選抜される米軍最精鋭のメンバーが集まるユニット。

U.S. Navy 2013/03/29
U.S. Military "Early Bird" 2013/03/31
Channel 3 / wtkr.com 2013/03/29
abc27.com 2013/03/30


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop