Tek Recon、スマホのアプリを統合して FPS を体現

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Tek Recon、スマホのアプリを統合して FPS を体現
ソーシャル資金調達サイト "Kickstarter" でキャンペーン中のカナダ Tek Recon のブラスター銃 (Blaster) システムについて、コマーシャル用のティーザーが新たに掲載された。Tek Recon のブラスター銃システムは、日常生活の光景を FPS (First-Person Shooter : 一人称視点シューティング) ゲームに様変わりさせる新感覚のトイガン・システム、サバゲーとして注目を集めているもの。ピストル型の "Hammerhead" とアサルトライフル型の "Havok" と名付けられた 2 種のブラスター銃から成り、これらブラスター銃にはリコイル作動が付いている。最大 75 feet (約 23 m) を射程とし、再利用可能なソフトラバー製でリング状の "NRG Rounds" を使って射撃をおこなうことができる。また、ビデオゲームの世界観を現実世界で創出する為に iOS と Android アプリとの統合を可能としている。アプリでは、ブラスター銃における弾数の確認や、熱感知・夜間暗視装置風モードでの視点切り替え、通信接続によるインテル共有など、プレイ中においてアプリは HUD (Heads-Up Display) のような役割を担うことになる。また、GPS レーダーによって、敵・味方のプレイヤー位置を特定する機能を備える。
新世代のトイガン、サバゲーにおける楽しみ方は、こうしたスマホ・アプリとの統合により、大きな広がりを見せることができるかもしれない。

Tek Recon 2013/05/24
Kickstarter 2013/05/09
Tek Recon Press Kit


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop