NEWS

ボーイング、米陸軍から最大 215 機の CH-47F チヌーク受注

海外軍事 Comments(0)
ボーイング、米陸軍から最大 215 機の CH-47F チヌーク受注Boeing Co. は米陸軍から、CH-47F の多年度調達 (MYP : Multi-Year Procurement) 契約を受注した。確定 177 機で契約額 40 億ドル、さらに 38 機のオプションがあり、215 機まで増やす可能性がある。MYP 化による経費節減効果は 8 億ドルを見込む。2015 年からデリバリーを開始する予定とのこと。現在、米陸軍と州兵の CH-47F 配備部隊は 15 に達しており、さらに 16 個目の部隊を編成中。アフガニスタンでは戦闘飛行時間累計 86,000 時間を記録している。なお、米陸軍が保有している CH-47F は 241 機、最終的には 464 機 (戦時減耗補充用の 24 機を含む) を調達する計画。

Boeing 2013/06/11
DefenseNews 2013/06/11
Photo Credit: Sgt. Karl Williams
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop