NEWS

Gun Professionals 8月号は6月27日発売

専門誌 Comments(0)
Gun Professionals 8月号は6月27日発売Gun Professionals 8月号は6月27日発売
第一世代と第二世代の傑作アサルトライフルをダブルでご紹介!

銃・射撃の専門誌ガン プロフェッショナルズ8月号は、第一世代と第二世代の傑作アサルトライフルをダブルでご紹介しています。
まず第一世代の西側を代表するアサルトライフルとして、FN FALのオリジナル・モデルをTurkがレポートします。その誕生ストーリーから、後に5.56mm化で引き継がれなかったロッキングメカニズムと実射まで、FN FALの魅力をお伝えします。

そして第二世代のアサルトライフルとして、今回はAUGを採りあげました。第二世代はブルパップデザインが大きく注目された時代です。L85やFA-MASなどが誕生した中で、もっとも成功したモデルがオーストリアのAUGでした。その初期デザインのAUGをAkiraがご紹介します。

アサルトライフルに関して、さらにチェコ軍が採用に向けてテストを進めているCZ805 BRENの最新仕様について、床井雅美がチェコのディフェンスショーであるIDET2013で取材、完成に近づいたBRENの現状をお伝えします。

実銃以外でもアサルトライフルは、ベレッタの最新型ARX160のエアガンS&T ARX160と、アメリカ製FALであるDSA SA58をエアガン化したクラシック アーミー製SA58 RISをご紹介しています。
 
ハンドガンではフランス製最後のセミオートマチックピストル MAS PA15が初登場です。独特なロッキングメカニズムを備えたPA15はフランス独自開発のモデルとしては、最後の銃となりました。既にクラシックに属しつつあるPA15ですが、ハイキャップマガジンを備え、コック&ロックが可能という、現在でも高い戦闘能力を持った製品です。
 
さらにコルトM1911A1ミリタリーとその次々世代モデルであるコンバット ガバメントを並べてご紹介、この2挺はエラン製のモデルガンとも対比しました。久しぶりの、実銃 vsモデルガンです。その他、S&W M27カスタムやKTWの種子島(エアガン)など実銃、トイガン併せて、多彩な銃をご紹介しています。

書名:Gun Professionals 2013年8月号
定価:1,200円(本体1,143円)
雑誌コード:02649-08
JANコード:4910026490838
判型:B5判



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』
『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』
「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催
ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
 L.ネヴィル著/床井雅美監訳『欧州対テロ部隊─進化する戦術と最新装備』 (2019-04-09 14:54)
 『MP5サブマシンガン対テロ部隊最強の精密射撃マシン(The MP5: Osprey Weapon Series)』 (2019-02-01 12:48)
 「自衛隊の今がわかる本」出版記念トークショーが2/2(土)大阪ロフトプラスワンウエストで開催 (2019-01-25 12:51)
 ミリタリーナレッジレポーツvol.22『スナイパーとして知っておくべきこと/Sniper The Basics』 (2018-12-12 16:06)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop