NEWS

Gun Professionals 10月号は8月27日発売

専門誌 Comments(0)

今月も多彩な銃レポートをお届け!

銃・射撃の専門誌『Gun Professionals』10月号では、タラン・バトラーのオリジナルブランド、Taran Tactical Innovations(TTI)が供給するアーマライト・ライフルTR-1アルティメットをご紹介します。VLTORのアッパーレシーバーにブッシュマスターのロウア・レシーバーを組み合わせたモデルで、3 Gun Match用であると同時に、高精度なタクティカルライフルとしても使える製品です。これに併せて電動ガンのG&P M4Viper VLTORバージョンもご紹介しています。発売後、すでに数年が経過しているものですが、VLTORの独特なMURアッパーレシーバーの形を正確に再現したものとして、TR-1アルティメットとセットで記事にしました。

続いては旧東側のスナイパーライフル、ドラグノフです。ドラグノフが完成してから50年が経過した現在も、ドラグノフはほぼそのままの形で現役のスナイパーライフルとして活用されている稀有な存在です。50周年を記念したわけではありませんが、ハンガリーでドラグノフを実射レポートすると共に、無可動実銃とWEのガスブローバックモデルを組み合わせてご紹介することにしました。

三八式歩兵銃のアクションは、第二次大戦で使用された各国のボルトアクションライフルの中で、もっとも強度が高いものだと言われています。その三八アクションを活用し、メタリックシルエットライフルに仕上げたインペリアル タイプ38、日本人の血が流れていなければ、まず作ることがないカスタムライフルについてのマニアックなレポートをお楽しみください。

コルトウッズマンに対しては、硬軟両極端なレポートとしました。あくまでもワイルド7に登場した飛葉のウッズマンという視点で捉えるToshiと、パテントからその開発経緯を追い、少数作られた特殊作戦用モデルまでを解説する床井雅美レポートの組み合わせです。

その他、イタリア軍最初の軍用セミオートマチックでありながら、ほとんどその実態が知られていないグリセンティについての詳細なレポートをお届けします。他にも、S&Wのレアなモデルが登場するコレクターズ・ミーティングや、プレヴィンズ・シュートアウトの2回目、真っ赤な22LRセミオートライフル、Xリングのご紹介と10月号も盛りだくさんな内容です。


書名:Gun Professionals 2013年10月号
定価:1,200円(本体1,143円)
雑誌コード:02649-10
JANコード:4910026491033
判型:B5判



同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop