NEWS

AK-47 の襲撃から乗員を防護、BMW 新装甲 SUV を発表

海外軍事 Comments(0)
ドイツ・Frankfurt で 2 年に一度開催される世界最大の自動車ショー「第 65 回 フランクフルト モーターショー IAA (Internationale Automobil-Ausstellung) 2013」で、BMW は新たに AK-47 からの攻撃にも耐える装甲 SUV (Sport-Utility Vehicle : スポーツ用多目的車) "BMW X5 Security Plus" のコンセプトを発表。世界の危険地帯で、車両襲撃の際に最もよく用いられる AK-47 アサルトライフルの攻撃からも乗員の安全を確保するために、車体は特殊高強度鋼 (special high-strength steel) と、厚さ約 3 cm のセキュリティーガラス積層板 (security glass laminate) といった高精度モジュールパーツにより構成。また、ドアの端や窓とフレームが合わさる箇所、ボディーパネルの継ぎ目など、車体の中で被弾の際に脆弱とされる箇所を鋼鉄防護材により補強するなどの対策が採られる。BMW セキュリティー車輛シリーズではリスク度合いに応じた以下のラインナップが示されている。

・BMW X5 Security.
 .44 Magnum などを使った路上犯罪に対応。
・BMW X5 Security Plus.
 世界で最も普及している AK-47 アサルトライフルによる襲撃に対応。
・BMW 7 Series High Security.
 Armour-Piercing 弾を使った銃撃や、爆発物を用いたテロリストの攻撃から政府関係者や企業トップなどを護る。

Mortor Authority 2013/09/11
The New BMW X5 Security Plus. / bmw.com
BMW X5 Security Plus. / bmw-security-vehicles.com
BMW Security series

過去の「防弾・装甲 SUV」関連記事:
ベンツ「Mクラス」に装甲バージョンが新設定
IAG、高レベルの防禦能力と機動性能を誇る戦術対応車輌を公開
Conquest「非装甲」版SUV「EVADE」今秋リリース


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop