リアルな銃声を再現する、エアソフト用ガンサウンド・シミュレーター

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
リアルな銃声を再現する、エアソフト用ガンサウンド・シミュレーター
ニュージーランドの B.L.TECH は、1 年半の歳月を掛けて開発したエアソフト用のガンサウンド・シミュレーターのデモンストレーション映像を公開した。このシステムはヘッドホンを装着し、射手だけが発砲音を楽しむタイプではなく、外に向かって迫力の発砲音を響かせるタイプのもの。M203 グレネードランチャーを模した "GS201-A1" の装着により実現させている。エアソフト愛好家、サバイバルゲーマーにとっても待望のシステムとあって、今後の製品化に向けての期待も高まっている。

B.L.TECH 2013/11/06
B.L.TECH Top Secret


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop