三菱重工業、水陸両用強襲車輌 AAV の試作機を開発

国内軍事関連 Comments(0)
三菱重工業、水陸両用強襲車輌 AAV の試作機を開発
三菱重工 (MHI : Mitsubishi Heavy Industries)水陸両用強襲車輌 (AAV : Amphibious Assault Vehicle) のプロトタイプを開発していたことが分かった。IHS Jane's のレポートによると、三菱重工業のスポークスマンは「試作機の製造は事実。初期のテスト段階にあり、完全ではない」「社内開発を通じて試行錯誤の段階にある」「防衛省の製造指示ではない」としている。車体サイズや兵装などの詳細については明らかにされていない。

Kosuke Takahashi / IHS Jane's Defence Weekly 2014/04/07
U.S. Navy photo by Petty Officer 1st Class Bill Larned
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 『ニコン(Nikon)』が「ライフルスコープ」事業を終了 (2019-11-20 15:36)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop