NEWS

米陸軍、UH-60 Blackhawk ヘリコプター 無人化へ向け実証機の初飛行に成功

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、UH-60 Blackhawk ヘリコプター 無人化へ向け実証機の初飛行に成功米陸軍、UH-60 Blackhawk ヘリコプター 無人化へ向け実証機の初飛行に成功
Sikorsky Aircraft Corp. は、有人・無人の切り替えが可能な OPBH (Optionally Piloted Black Hawk) デモンストレーターが 2014/3/11 に初飛行を実施していたことを明らかにした。同社が米陸軍の ADD (Aviation Development Directorate) ならびに UH PO (Utility Helicopters Project Office) と共同で進めている、MURAL (Manned/Unmanned Resupply Aerial Lifter) 計画の下で開発を進めている機体。Matrix テクノロジーと先進地上管制ステーション (GCS : Ground Control Station) テクノロジーを利用しており、可搬式 GCS からの管制によってホバリングとフライト オペレーションを実施した由。

Sikorsky Aircraft 2014/04/21
WIRED 2014/04/30

過去の「米軍の無人機化計画」関連記事:
米陸軍 最大で歩兵の 1/4 が無人機・ロボット化へ?
米軍、軍用機の3分の1が無人機に
DARPAのPCAS計画でA-10の無人版が開発途中か


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop