NEWS

米国ヤマハと Northrop Grumman が小型無人ヘリコプター「R-BAT」の開発と市場開拓で提携へ

海外軍事 Comments(0)
米国ヤマハと Northrop Grumman が小型無人ヘリコプター「R-BAT」の開発と市場開拓で提携へ
Northrop Grumman Corporation は、Yamaha Motor Corporation, U.S.A. 協力の下、小型無人ヘリコプターシステム "R-BAT" (Rotary Bat) の開発と市場開拓を進めることを発表した。ヤマハの農薬散布用の無人ヘリコプター RMAX をベースに軍事偵察用途をはじめ、捜索救助、沿岸警備、空撮、といった用途が示されている。スペックは以下の通り。高度 約 1,800 m、航続時間 4 時間超、積載能力 19.5 kg、全長 3.65 m、データリンク距離 70nm、最大総重量 93 kg。

Northrop Grumman Corporation 2014/05/08

過去の「ヤマハ無人ヘリコプター市場開拓」関連記事:
ヤマハ、第4世代無人ヘリを10月発表、海外市場開拓を積極化


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop