NEWS

英空軍タイフーン、バルト海上に現れたロシア軍機にスクランブル

海外軍事 Comments(0)
英国空軍は2014年6月19日、バルト海の公海上に現れたロシア軍の航空機に対し、ユーロファイター・タイフーンによるスクランブルをかけたと発表した。
発表によれば、現地時間6月17日に北大西洋条約機構(NATO)の防空システムが、バルト三国に近い公海上を飛行する4つの飛行機の集団を発見。それを受け、バルト三国の防衛のため、現在リトアニアに展開している英空軍第3飛行隊のタイフーンがスクランブルをかけ、このロシア機をインターセプトした。遭遇したロシア機は、スホーイSu-27戦闘機が4機、ツポレフTu-22爆撃機が1機、ベリエフA50早期警戒機が1機、そしてアントノフAn-26輸送機が1機だったという。これらはタイフーンによって監視されつつエスコートされ、大きな問題は起こさず、去っていったという。

Royal Air Force 2014/06/18
Photographs: SAC Dan Herrick
RAF/MOD Crown Copyright 2014
Text : 鳥嶋真也 - 001


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop