NEWS

ボーイング社、新型のアパッチとチヌークの開発を検討

海外軍事 Comments(0)
ボーイング社、新型のアパッチとチヌークの開発を検討ボーイング社、新型のアパッチとチヌークの開発を検討
ボーイング社は現在、よりスピードの速い AH-64 アパッチと、より重い物を運べる CH-47 チヌークを開発している。Armed Forces Iternational紙が 2014 年 6 月 26 日付けで報じた。

アパッチは 1984 年に初飛行し、世界中で使われている攻撃ヘリコプターで、その後も改良が重ねられ、現在は AH-64E アパッチ・ガーディアンがその最新型だ。AH-64E は米陸軍と中華民国陸軍で運用されており、また近々韓国陸軍へも導入される予定ことになっている。

だが、ボーイング社ではすでに、さらに新しい AH-64F の構想が暖められている。

AH-64F は新型タービン・エンジン開発計画、ITEP (Improved Turbine EngineProgramme) で開発されたエンジンが搭載され、格納式のランディング・ギア、さらに前進する推力を稼ぐためにテイル・ローターを 90 度回転させる機構などが盛り込まれ、飛行スピードが向上するという。
ボーイング社、新型のアパッチとチヌークの開発を検討
一方チヌークは 1961 年に初飛行し、世界中で使われている大型の輸送ヘリコプターで、やはりこちらも改良が重ねられ、現在は CH-47F が最新型だ。CH-47F は現在も生産が続けられており、2019年までに全機納入される予定だ。

その次世代機となるかもしれない CH-47H は、機体構造とエンジンが強化され、現在よりも最大離陸重量が 2,000 kg ほど向上するという。

ボーイング社によれば、AH-64 シリーズは 2040 年まで次世代の攻撃ヘリコプターに取って代わられることはなく、また、また CH-47F も 2060 年まで引退はしないだろう、と述べている。

Armed Forces International 2014/06/26
Photo 1 : Army pilots near Mesa, Ariz., fly the new AH-64E Apache Longbow. / U.S. Army
Photo 2 : Twelve new CH-47F Chinook helicopters line pier 3 - 5 at Joint Base Pearl Harbor- Hickham, in Honolulu / Photo Credit: Sgt. Karl Williams
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - 002


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop