NEWS

ロシア将来個人戦闘用装備「ラートニク」向けの新たな軍用ヘルメット「6B47」

海外軍事 Comments(0)
『Army Recognition』などは 8 月 23 日、ロシアの新たなコンバットヘルメット「6B47」について紹介している。

6B47 は、ロシア軍の将来個人戦闘用装備「ラートニク (Ratnik) 」向けに開発が進められている戦闘用ヘルメットで、歩兵のほか、パラシュート兵や特殊部隊兵への導入が見込まれている。

ヘルメットはアラミド繊維が編みこまれた軽くて強靭なシェルを持っており、米軍に導入されている同性能のヘルメットは質量 1.5 kg だが、6B47 は 1 kg しかない。耐用年数は 5 年ほどとのこと。

6B47 は現在、ロシア国防省と TsNII-TochMash によって、-50 度から 50 度に及ぶ温度や降水、降雪の中、そして塩水の中でも問題なく使い続けることができるか、などといったことが試験されている。順調に進めば、今年の年末までに試験は完了し、来年初めからロシア軍への導入が始まることになっている。

Army Recognition 2014/08/23
Photo: New Russian combat helmet 6B47 for Ratnik Future Soldier gear / Rostec
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop