NEWS

米空軍、ポケットサイズの小型ドローンの開発をベンチャー企業に発注

海外軍事 Comments(0)
米空軍、ポケットサイズの小型ドローンの開発をベンチャー企業に発注
米国ベンチャー企業 CyPhy Works 社は 9 月 17 日、米空軍から、ポケットサイズの小型ドローンを供給する契約を受注したと発表した。

この小型ドローンは、「エクストリーム・アクセス・ポケット・フライヤー」(Extreme Access Pocket Flyer) と名付けられ、残骸や瓦礫などで封鎖された、狭い通路やトンネルなどを遠隔操作で検査することを目的とする。

機体にはカメラが搭載されており、機器の稼動や飛行のための電力は、地上から有線で供給される。飛行範囲は制限される半面、バッテリーの充電がある限り、飛び続けることができる。
米空軍、ポケットサイズの小型ドローンの開発をベンチャー企業に発注
今回の契約では、米空軍からの資金提供により、同社によって設計と試験が行われるとのことだ。また同社ではこれまでに、EASE (Extreme Access System for Entry) や、PARC (Persistent Aerial Reconnaissance and Communications) と名付けられた小型ドローンも開発している。

CyPhy Works 2014/09/17
EASE (Extreme Access System for Entry) / CyPhy Works
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop