NEWS

【PR】BATON airsoft から電動エアソフト シリーズ第 2 弾、フルメタル仕様の M4 CQB-R 新発売

【PR】 Comments(0)
【PR】BATON airsoft から電動エアソフト シリーズ第 2 弾、フルメタル仕様の M4 CQB-R 新発売BATON airsoft 電動ガンシリーズ第 2 弾となるフルメタル仕様の M4 CQB-R が新発売となった。

2009 年、それまで安かろう悪かろうで自分で手を入れることが前提で販売されていた中華エアガンを、調整&チューンし、さらに保証付きでの販売を始めた中華エアガンチューニングショップ『Gunstmihバトン』は、その後、『BATON airsoft』ブランドで、バイオBB弾、リポバッテリー、チューニングパーツを次々と発売。

そして、昨年、初の自社ブランド電動ガン『M4CQB SPORT LINE (ブローバック) 』を発売。この M4 CQB-R は軽量な樹脂モデルで16,990 円 (税抜) という価格ながら、Gunsmith バトンのチューニングが施され、初心者からアタッカーまで「サバイバルゲームの有用な道具」として人気を博した。

それから 1 年、満を持して、BATON airsoft 電動ガン第 2 弾、『M4CQB-R (ブローバック) 』が発売となった。今度はフルメタルボディでハードな使用にも耐える屈強さを持ち、前作同様、ブローバックギミック搭載でありながら、21,990 円 (税抜) と相変わらずのコストパフォーマンスの高さを実現。さらに、9 月から Gunsmith バトン販売の電動ガン全丁に搭載となったスイッチ保護のための SBD (ショットキーバリアダイオード) も、もちろん、この M4CQB-R にも装着され、修理保証と相まって、安心して使えるモデルとなっている。

そして、同時に『M4CQB-R 流速 HR 』も 4 万 1,990 円 (税抜) で発売となる。これは流速チューン+トリガーレスポンスの向上を目指したモデルで、石井健夫 氏、みりどる乙夜 氏など、様々なシューターに貸与されたプロトタイプモデルから得られた実戦データから開発されたレシピで制作されるチューニングモデル。流速 HR は通常のシューティングマッチでの距離、7 m 以内での集弾性だけを追求したノンホップモデルではなく、流速チューンならではのロングレンジの有利性を兼ね備えたチューンであり、シューティングマッチのみならず、サバイバルゲームでの優位性も兼ね備えた実用的なチューンとなっている。



■問い合わせ
Gunsmithバトン 本店
http://www.gunsmithbaton.com/
TEL 049-293-2199


同じカテゴリー(【PR】)の記事画像
【PR】タニコバ×BATONのSTGA認定CO2ガスガン、『BM-9 CO2GBB』が9月発売!
【PR】1人で簡単に装着できるAVANTEのアイデア新製品『スマートマーカー』
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
同じカテゴリー(【PR】)の記事
 【PR】タニコバ×BATONのSTGA認定CO2ガスガン、『BM-9 CO2GBB』が9月発売! (2019-07-26 06:00)
 【PR】1人で簡単に装着できるAVANTEのアイデア新製品『スマートマーカー』 (2019-06-19 16:41)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop