NEWS

ヘルメット着用で奇跡的に無傷。タリバンのスナイパーにヘッドショットされる米海兵隊員の映像

海外軍事 Comments(0)
アフガニスタンで展開中の米海兵隊員が、タリバン (Taliban) のスナイパーによってヘッドショットされる瞬間を捉えた映像が投稿された。

投稿された映像は Sam Arnold と名乗る人物の YouTube チャンネルで、今年 9 月に投稿されたもの。その後最近になって LiveLeak 上で紹介され、拡散されている。

舞台となったのは、アフガニスタン南西部のヘルマンド州 (Helmand Province) ノウ・ザード (Now Zad, or Nawzad) 。「Battle of Now Zad」として、アフガニスタン紛争の中で繰り広げられた戦闘地区の 1 つとして知られる地域。

2013 年、米海兵隊はこの戦闘地において、ヘリコプターによる統合襲撃作戦を実施していた。今回収録されているヘッドショットはまさにその時に起きたものとされ、映像ではスクオッド (分隊) のメンバーと共に土壁の建屋から外へ出る瞬間に狙われている。

幸いにも防弾ヘルメットを着用していたお陰で、被弾した隊員は致命的な傷を受けずに済んでいる様子も伺える。また、この緊迫した状況下においても、スクオッドのメンバーが一様に冷静を保っていることも注目すべき点にある。

Sam Arnold 2014/09/26


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop