NEWS

米陸軍特殊部隊・グリーンベレー「3rd SFG (Airborne)」による夜間訓練映像が公開

海外軍事 Comments(0)
米陸軍特殊部隊・グリーンベレー「3rd SFG (Airborne), 第 3 特殊部隊グループ」による夜間訓練を題材としたプロモ―ショナルムービーが公開された。

特殊部隊の夜襲必須デバイス「ナイトビジョン」を装着させ、緑色に染まったこの映像には、夜間の暗闇を我が物とする「We Own the Night (俺たちは夜の支配者だ) 」の副題が充てられている。

コーナー曲がり角を使ったカッティングパイや、ルームエントリー時におけるチームでの Cross / Hook の突入シーンの他、ハンヴィーに車載された機関銃での射撃、迫撃砲での攻撃シーンなどが収録されている。

米ノースカロライナ州フォートブラッグを拠点に活動する 3rd SFG は、アフリカ大陸西域と、カリブ海周辺地域を軍事作戦地域 (AO, Area of Operations) とする。2014 年 10 月 1 日に公式 FaceBook を公開以降、訓練中の様子を示す写真掲載を中心に、積極的な対外プロモーションを展開している。

Third Group 2014/11/16


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
 米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画 (2019-04-09 18:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop