NEWS

米海軍、敵レーダーで駆逐艦を漁船ほどの大きさに見せる技術を研究

海外軍事 Comments(0)
Defense Tech は 11 月 17 日、米海軍がアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦のウェイン・E・マイヤー (Wayne E. Meyer (DDG 108) ) を使い、敵のレーダーに映りにくくする技術を研究していると報じた。

ウェイン・E・マイヤーは今年 3 月から太平洋に配備され、10 月 20 日に帰港し、これから整備に入り、機器のメンテナンスに加えて、武器やレーダー・システムの改良も行われることになっている。

同紙によれば、この中で、レーダーに映りにくくするための実験的な改良も施されるという。具体的には、レーダーを吸収する材料を使用したり、船に使われている柱の角度を調節したりといった改良を加えることで、従来より小さく、まるで漁船程度の大きさにしか映らないようになることが期待されているとのことだ。

Defense Tech 2014/11/17
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Christopher Farrington/Released
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop