スポーツ用品大手 Reebok から Kryptek Typhon 迷彩のタクティカルブーツが発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
スポーツ用品大手 Reebok から Kryptek Typhon 迷彩のタクティカルブーツが発売スポーツ用品大手 Reebok から Kryptek Typhon 迷彩のタクティカルブーツが発売
スポーツブランドメーカーのリーボック(Reebok)から限定販売モデルのミリタリーブーツ「Dauntless Kryptek」がリリースされた。

既存の「Dauntless」8インチブーツをベースモデルとし、デザインの修正とサイドジップ構造を廃して Kryptek(http://www.kryptek.com/) が展開する“Typhon(http://www.kryptek.com/kryptek-camo-patterns/)”カモパターン採用したモデルとなる。「 Dauntless 」とは異なるシームレス1000Dナイロン仕様となっており、価格は$129である。

リーボックはイギリス発祥のスポーツブランドメーカーで、1900年創業のJ・W・フォスター社に端を発しおり歴史は古く、1982年にエアロビクスシューズ「フリースタイル」をリリースし世界的なヒット商品となった。近年では靴底に空気パットを埋め込んだ「イージートーン(EASYTONE)」をリリースしたりと革新的なことに挑戦し続けており、アディダス・グループ傘下としてブランド展開している。

スポーツブランドメーカーからのミリタリーブーツと云えば、アディダス(adidas)の「タクティカルブーツ GSG9.2」や、ナイキ(Nike)の「 Special Field Boot iD 」などが挙げられるが、リーボックはコンバース(CONVERSE)からミリタリーラインを引き継ぎ、2013年辺りからミリタリーブランドに参入した形のようだ。以前にコンバースからリリースされていた「ASSAULT SAIDZIP BOOT」などの製品は、マイナーチェンジを施しリーボックからリリ
ースされている。

Reebok Dauntless Kryptek Typhon Tactical Boots
Reebok Military & Law Enforcement
Kryptek Outdoor Group official FaceBook 2014/12/24
Text: 弓削島一樹 - FM201412


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop