NEWS

ベレッタ M9A3 の実射映像が公開

海外軍事 Comments(0)
ベレッタ M9A3 の実射映像が公開
前回からお伝えしているM9A3ピストルの実射映像が公開されている。
12月末の詳しい情報筋では陸軍は興味が無いという話だったが、1月の現時点で契約担当官から「正式な最終発表ではない」と連絡があったようだ。
米陸軍 次期ハンドガン選定でベレッタ M9A3 ピストルが検討候補から脱落か


1本目の映像では、銃の射撃と改良点を説明。2本目では、やはりスライド操作時のセフティに関する問題点について副社長が説明をおこなっている。

映像には各部のクローズアップも確認できるが、殆どこれまでのM9ピストルと変わらないデザインで、軍でのバトルプルーフされたフィードバックはあまり反映されていない様だ。

他社のピストル開発では実際に購入し、各メーカーの改良点や特許などを確認しながら自社のピストルのアップグレードを行い新製品を発表するのが一般的であるが、M9A3は自社の既存の部品を組み合わせ色を変えただけと、少しお粗末な改良にも見える。

既に民間販売の計画を進めている様ではあるが、M9好き以外には目新しい事は何もないと言ったところだ。最初からセフティを改良していれば、少しは軍の評価も変わったかもしれない。

KitUp! / Military.com 2015/01/14
Photo: Beretta M9A3 Gallery
Text: Ocean - FM201501

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される (2019-10-21 17:37)
 ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視 (2019-10-18 17:07)
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop