NEWS

ブラジルで盗難車両の強制捜査中に M41 ウォーカー・ブルドッグ戦車× 2 両を発見

海外軍事 Comments(0)
ブラジルで盗難車両の強制捜査中に M41 ウォーカー・ブルドッグ戦車× 2 両を発見
ブラジル サンパウロで 1 月 27 日、警察官が盗難車両と積荷の強制捜査中に、2 両の戦車を発見した。公開写真からは、米国製 M41 ウォーカー・ブルドッグ (Walker Bulldog) 軽戦車と考えられている。
この異例な事件が発生したのは、同国最大の都市として知られるサンパウロの南部で低所得者層が居住するサコマ地区。警察官が発見した当時、両戦車にはエンジンこそ搭載されていなかったものの、重装甲はそのままの状態にあった。なお、この他にも 500 台におよぶテレビや、車両の部品、大型貨物トラックが見つかっている。

M41 ウォーカー・ブルドッグ は、1953 年から 1960 年代後半に掛けて運用されていた戦車。朝鮮戦争・ベトナム戦争で実戦投入されている。米国は、全世界に数百両の M41 ウォーカー・ブルドッグを輸出しており、ブラジルでは 300 両の購入がおこなわれている。

本件を報じたスコットランドのニュースサイト The Scotsman によれば、「2 両の戦車は共にブラジル軍所有のものでは無いと伝えられている」とのこと。また、同サイトがブラジルのポータルサイト UOL をソースに、発見された倉庫の持ち主関係者が警察に対し、「戦車は 2003 年にオークションで落札した合法的なものであり、それを証明する書類がある」と語っていることを紹介している。

この件で現在、倉庫管理人の身柄が拘束されている。

The Scotsman 2015/01/29

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop