日米実動訓練「アイアンフィスト 2015」スカウトスナイパー訓練映像が公開

国内軍事関連 Comments(0)
日米実動訓練「アイアンフィスト 2015」スカウトスナイパー訓練映像が公開
米カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトン周辺海域に派遣された陸上自衛隊と、米海兵隊により、1 ヶ月に渡っておこなわれる日米実動訓練 Iron Fist (アイアンフィスト) 2015 が始まった。

DVIDS 上では、第 1 海兵師団 (1st Marine Division) コンバットカメラが撮影した、陸自隊員と第 13 海兵遠征部隊 (13th MEU: Marine Expeditionary Unit) によるスカウトスナイパー (Scout Sniper) 訓練の模様が公開中。
アイアンフィストは、島嶼部での作戦に必要な戦術・戦闘および米海兵隊との相互連携要領の演練を目的とした年次訓練。太平洋地域で最も強固な軍事協力関係の 1 つを構築し、日本側の指揮統制能力を試すことが設計されている。

陸自側からは 250 名以上が、海兵隊側からは第 31 戦闘兵站大隊 (CLB-13: Combat Logistics Battalion 13) と 3/5 海兵大隊から構成される 700 名程の隊員が参加。陸自側では「過去 10 年のアイアンフィストの中で、最大且つ最先端の指揮統制のプレゼンスを示すことができる」としている。

2 月 27 日までの間、両軍は水陸両用偵察任務、上級射撃手訓練、支援射撃訓練、前進観測訓練に参加予定。

なお、アイアンフィスト年次訓練の開催は、今年で 10 回目のメモリアルを迎えている。

1st Marine Division - Combat Camera / DVIDS 2015/01/28
Marine Corps Times 2015/01/24

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop