NEWS

Su-35 とユーロファイター・タイフーンの比較―ロシア国防省の見解

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』で 2 月 2 日、ロシア連邦軍の戦闘機 Su-35 と、欧州の戦闘機ユーロファイター・タイフーン (Eurofighter Typhoon) を比較する動画が公開された。
動画では、両機の迫力ある映像と共に、軍事評論家のViktor Litovkin氏による解説が行われている。

SU-35 は Su-27 を基に開発されたマルチロール戦闘機で、推力偏向ノズルを持ったエンジンや、強力なレーダーなどを特長としている。現在ロシア空軍への配備が進められている他、他国への輸出も行われる予定となっている。

一方のユーロファイター・タイフーンは、英国、ドイツ、イタリア、スペインによって共同開発されたマルチロール戦闘機で、他国の機体と比べて、戦闘機としても攻撃機としても比較的高い性能を持つ。2003 年から運用が開始され、現在も改良型の配備が進められている。

tvZvezda 2015/02/02
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop