NEWS

BMD-4M、最初の生産分がロシア空挺部隊に配備 = IHS Jane's 360

海外軍事 Comments(0)
IHS Jane's 360 誌は 3 月 4 日、ロシアの歩兵戦闘車 BMD-4M の最初の生産分 12 輌が、3 月 3 日にロシア空挺部隊に配備されたと報じた。
BMD-4M は空挺戦闘車とも呼ばれ、航空機からの空中投下が可能なように造られている。BMD-4M は BMD-4 を基に改良されたもので、装甲やエンジン、シャシーなどに手が加えられているとされる。特にエンジンには、軽量化のためにマグネシウム合金や薄いスチールが使用されているという。
車体上面にはバフチャー U 砲塔を装備し、アルカン・ミサイルも発射可能な 100 mm 2A70 主砲、30 mm 2A72 同軸砲、7.62 mm PKT 同軸機銃が収められている。また新しい射撃管制システムも導入されており、直接、間接を問わず、さまざまな種類の目標に対する射撃が可能だとされる。

なお同日には装甲兵員輸送車 BTR-MDM も 12 輌、引き渡されたとされ、また今年の終わりまでに、62 輌の BMD-4M と 22輌の BTR-MDM が引き渡される予定になっているという。

IHS Jane's 360 2015/03/04
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop