KRISS社の短機関銃「Vector」の電動ガン化がKRYTACで進行中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
スイス・KRISS社が開発した短機関銃「Vector」の電動ガン化が、同社のエアソフトブランドであるKRYTACの手で進められていることがIWA 2015でアナウンスされた。実銃のメーカーが自らエアソフト化を行うというのは非常に珍しい。

「Vector」のガスブローバック版はKWA社から既に発売されている(国内ではKSC社が取り扱い)が、KRISS社とKWA社のライセンス契約が終了したことで、AEG化が本格的に進行することになったようだ。それ以外の詳細は不明だが、動画中では広報担当者が2015年中の発売は無いとしている。

AEG化で気になるのは、カウンターウェイトによって銃口の跳ね上がりを抑える機構「Super V」だ。ブローバックあってこそ意味のあるデバイスだけに、どのようなメカボックスが搭載されるのか楽しみなところである。

Image: Krytac Official
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop