ASOBIBA、創業約 1 年半で延べ利用者数は 10 万人を突破

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
都内から全国へ展開中のサバイバルゲームフィールド運営会社の ASOBIBA が、創業約 1 年半で延べ総利用者数が 10 万人を突破したことを明かした。
これは、3 月 19 日に ASOBIBA 秋葉原店でおこなわれたカプコン BIOHAZARD REVELATIONS 2 とのコラボイベントのプレス発表会の席で、登壇した ASOBIBA 代表取締役 CFO 小谷翔一 氏が発言したもの。ASOBIBA は現在までに延べ 11 箇所のフィールドを展開している。
「バイオハザード リベレーションズ2」と「ASOBIBA」によるコラボ企画が開催

オトナが童心に帰って楽しめるアクティヴィティの「サバイバルゲーム」が、テレビや様々な雑誌媒体で取り上げられ、ここ数年順調にそのエントリーユーザーを拡大している。これには、ビデオゲームにおけるミリタリー FPS タイトルの好調な売れ行きや、芸能人・著名人がサバイバルゲームに興じていることをカミングアウトするなど、複合的な要因がその背景にあるとも言われている。

エントリーユーザーからミドル・ヘヴィーのユーザーへと巻き込めるかどうかが、現在のブームを単なるブームで終わらせず、サバイバルゲーム業界全体の底上げ、マーケット規模の拡大に繋がると考えられる。

Military Blog Report 2015/03/23

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop