FNH USA、セミオート仕様の MINIMI 軽機関銃を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
FNH USA(米・バージニア州)はアメリカ現地時間4月10日から12日に開催されたNRA SHOW 2015で、同社グループで製造を行っているM249軽機関銃の「セミオートバージョン FN M249S」を発表した。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。

M249機関銃は1970年代頃より開発された分隊の支援火器で1984年に配備され細かな改良を加えながら現在に至る。
フルオートのオープンボルトからセミオート版はクローズドボルトに変更され、公開されている動画はトリガープルを改良されて軽快なセミオート連射を披露している。このセミオートバージョンは一般販売される見通しで、希望小売価格についてはまだ公表されていないが、既に色々な憶測がネット上で飛び交っているようだ。
FN M249S
Caliber: 5.56x45 mm
Operation: Closed-bolt
Barrel Length: 20.5"
Overall Length: 40.75"
Overall Height: 9.5"
Weight: 17.0 lbs. (empty)
Twist Rate: 1:7" RH
Trigger Pull: 4.5 -6.5 lbs.
ちなみに同社の新シリーズとして「FN15ミリタリーコレクターシリーズ」も発表しており、イラク・アフガニスタンに派兵経験した退役軍人の為のセールスと思われる。(軍在籍中と同じセットアップしたライフルを購入する市場がある為)

Text: Ocean - FM201504

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop