NEWS

ロシア版 Navy SEAL!? 戦勝記念イベントで「アザラシ」がパフォーマンスを披露

海外軍事 Comments(0)
第二次大戦下のナチス・ドイツに対する戦勝 70 年を記念する軍事パレードがおこなわれたロシアで、ベレー帽を被り、ライフルを携行するアザラシの姿を捉えた映像が公開された。

シベリアン・タイムズ紙によると、この国を挙げた盛大なイベントに参加するため、シベリアの水族館ではバイカルアザラシ (Baikal seal) が、泳ぎや水中でのマーチ、そして玩具銃の携行を調教されたとのこと。
これらのアザラシは、ボールを使って遊んだり、ジャンプしての輪くぐりや、お絵描き、ダンスといったパフォーマンスに長けている。水族館での飼育は、世界で一番深い湖と言われるバイカル湖と同様に、摂氏 2 度から 3 度の水温に保たれた特別な水槽で、野生と同様にアブラウオ (Baikal oil fish) やハゼ (goby fish) といった魚を餌に与えられていたとのこと。

Reuters 2015/05/09
Siberian Times 2015/05/09
Embed image: REUTERS/Evgeny Kozyrev, via Daily Mirror

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop