香港 PTS、ガスブローバック式エアソフト MASADA を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Posted by PTS on 2015年5月27日
香港に拠点を持つPTS (Professional Training & Simulation) は、MAGPUL社が開発したライフルのエアーソフトGBB「MASADA」を発表した。プレスカンファレス向けに発表した新製品MASADAはKWA(台湾製造)によって製作され近日発売となる。

既に電動ガンでは発売されており、ベータプロジェクト製のGBB換装キットが発売されていたが、今回は新規製作の様だ。WE製MSK(Remington/ACR系)との比較も面白そうだ。
実銃と同じ特徴を持っており、工具不要でバレルの脱着が可能、アッパーレシーバーはCNCアルミで製作され、パーツ構成は実物に近いと言って良い。トップレイルは37スロットでM1913レイル、レシーバーは個別にシリアルナンバーを備えている。
ストックは折畳み式の伸縮型、アンビセフティなど備えており、既にご存知の方も多いだろう。

樹脂部分はポリマー製で、38発のEPMマガジン(ENHANCED POLYMER MAGAZINE)が付属。マガジンはKSC/KWAのM4系と共用できそうだ。既に発売されている同社の電動ガンバージョンとハンドガードの互換性があり、レイルタイプの換装も行えるの事。重量も3キロ半ばで取り回しも良さそうだ。

実射の方は海外ではグリーンガスが標準で快調に作動している。KSCブランドでPTSの日本版MEGA ARMSも手にした方も多いと思うが、作動は同等と考えて良いだろう。ホップ調整はKSC/KWAでお馴染みのレバー調整で行う。

当初はブラックのみが6月に発売され、おおよその価格は420USDとなっている。KWA系はマガジンが重く、その点も改良されていれば良いが・・。ともかく更に詳しい情報がリリースされる筈だ。

Text: Ocean - FM201505

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop