NEWS

既に 450 億円以上の資金を投入、ロシア版「ミリタリー・ディズニーランド」の建設が進む

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省の資金拠出による、世界広しと言えども類を見ない規模の「ミリタリー」をテーマとした娯楽施設、ロシア版「ミリタリー・ディズニーランド」の建設が進められている。

РОССИЯ 24. В ПОДМОСКОВЬЕ ПОЯВИТСЯ ПЕРВЫЙ В МИРЕ ВОЕННЫЙ ПАРК РАЗВЛЕЧЕНИЙ «ПАТРИОТ»___________________________________________В России скоро появится первый в мире военный парк развлечений. Масштабный комплекс в Подмосковье будет состоять из пяти основных зон отдыха. Для посетителей предусмотрен целый спектр "аттракционов". В частности, можно будет поездить на танке, пострелять из разных видов оружия, полетать на военных вертолетах и даже переночевать в землянках._______________________________________________ Patriotp.ru Группа Парк «Патриот» Instagram.com/parkpatriot#парк #Патриот #Россия24 #Армия2015 #Кубинка

Posted by Парк Патриот on 2015年5月15日
この施設、正式名称は「ロシア連邦軍の文化と娯楽を目的とした軍事愛国者公園」で、略称を「愛国者公園 (Park PATRIOT) 」としており、「世界最大の軍事博物館」としてロシア各紙でも紹介されている。

この「愛国者公園」は、首都モスクワから西へ車で約 1 時間 40 分程離れた町、クビンカ (Kubinka) に建設が予定されており、2017 年までには 6,000 ヘクタールに及ぶ公園面積の建設を終えたいとのこと。なお、この敷地 6,000 ヘクタールにという面積は、東京ドームに換算して実に 1,283 個分に相当し、山手線内側より少し狭い程度となる。
ホテルやレストラン、会議施設やオフィス、居住スペースさえも用意されるが、もちろんそれだけにとどまらない。
Sergei Shoigu 国防相によると、若い世代の人たちがこの公園を訪問するだけでなく、軍用機や装甲車両など、軍の装備品の数々を見て、触れるのは勿論、中には動かし、飛ばし、撃つといった体験さえも可能とのこと。また、軍の払い下げ品を対象としたオークション実施も予定されている。

なお、建設が予定される中で最も高額なアトラクション施設が公園の中央に位置することが伝えられており、そのお値段は 1 億 2,700 万ドル (158 億円) にも及ぶと言う。6 階建のこのビルの中には様々な「ミリタリー」をテーマとしたストアが出店予定の他、展示や集会ホールとしての活用が見込まれている。こちらは 2017 年 2 月にオープン予定とのこと。

今月後半 (6 月 16 日~ 19 日) に開催を控える軍事展示会「Army-2015」に先立ち、既に 30 の一時施設が設営されている。

Moscow Times 2015/06/04
Newsweek 2015/06/04

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop