NEWS

月刊アームズマガジン 2015 年 8 月号好評発売中

専門誌 Comments(0)
月刊アームズマガジン 2015 年 8 月号好評発売中
総力特集:リアルガン初めて教科書M4カービン編
購入からセットアップ、最新モデルまで、実銃のM4 カービンの意外な事実に迫る
米国で最も売れているライフルがM4 カービン(そのセミオート版のAR15。ここでは総称して「M4 カービン」と呼ぶ)である。ガンショップに行けば壁一面ずらっと並んでいるのはAR15、レンジに行っても撃っているのはどれもAR15。銃本体だけではなくM4カービンに関連するカスタムパーツを製造しているメーカーは星の数ほど存在する。トイガンに限らず、実銃の世界でもM4 カービンは人気が高い。そこで今回の特集は、「リアルガン初めて教科書」と題して、大人気のM4 カービンの最初の1 挺の選び方と特徴、さらに最新モデルをご紹介しよう。

第2特集 サブマシンガンのススメ
小さなボディから生まれる圧倒的な火力
サブマシンガンは古くから存在する個人用フルオート火器だ。今回は深い歴史を持つサブマシンガンにスポットを当て、「実銃」「トイガン」そして「映画」をキーワードにサブマシンガンの魅力を探ってみよう。

月刊アームズマガジン
2015年6月27日発売
本体980円+税
カバーガール:私立恵比寿中学 星名美怜

月刊アームズマガジン公式サイト:
http://hobbyjapan.co.jp/armsmagazine/


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop