NEWS

F35 の空中戦能力は F16 に劣る? その真相とは?

海外軍事 Comments(0)

courtesy photo/Darin Russell
Image is for illustration purposes only.
米国防総省のF35統合プログラム部は、先ごろ、テストパイロットの、ドッグファイト(戦闘機同士の空中戦)において、F35は従来のF16に劣るという発言の火消しに忙しいようである。

テストパイロットの評価によると、1月に行われた模擬戦闘で、F35は、F16の追跡を振り切ることができなかったという。軍事情報サイト「Military.com」は、「F35の高仰角の作戦能力(F-35A High Angle of Attack Operational Maneuvers)」という14本の報告書を入手し、それによると、「F35は、旧型機との空中戦で勝利するためのエネルギー機動性」を欠いていると発表した。

「全体として、有視界戦闘におけるF35の顕著な特徴は、エネルギー機動性の不足である」「F16を目標にした限定的な状況であっても、F35Aは、すべての戦闘シナリオでエネルギー機動性の不足が現れた」と、結論付けている。

さらにテストパイロットの報告書によると、「F35Aは、小さい翼面積や重量などが原因で、そのエネルギー機動性が著しく劣り、F35Aの後続攻撃能力を損ない、効果的な戦闘運用ができない」としている。テストパイロットは、「F35のヘルメットはあまり大きく、後方を視認することが難しい」、とさえ発言した。

関連記事:
F-35ライトニングII戦闘機で使われる40万ドルのヘルメットの紹介 = ワシントンポスト


F-35A AF-2 First Gun Live Fire
国防総省の関係部署は、テストパイロットの評価を歓迎しており、「パイロットの評価は、今後の研究・性能向上に役立てる」と余裕のコメントを出し、その一方で、「メディアは、F35とF16との模擬空中戦について十分に報道していない」。と発表している。
国防総省によると、F35は、「単機戦闘能力」より「複合(統合)戦闘能力」を優先させた機体であり、F35は、自身のレーダーやセンサーだけでなく、後方に展開する洋上艦や陸上基地のレーダーなども複合運用して、敵をはるか遠方から攻撃・破壊する戦闘機なのである。


Photo: courtesy photo
Image is for illustration purposes only.
冷戦期に、超高高度を核爆弾を搭載してアメリカ本土に接近する戦略爆撃機を迎撃することを目的としたF16とは、設計思想が根本的に異なる。

極言すれば、F35は、洋上艦やその他戦闘インフラを統合した攻撃システムの「先端」でしかなく、F16パイロットが主張するような有視界戦闘などは、開発初期段階から想定されていない。F35がドッグファイトでF16に負けることは当然である。

戦闘となれば、F16は、F35を発見することなく撃墜されてしまうだろう。実際に、その後に行われた索敵から戦闘までのシナリオでは、F16の4機編隊に対し、F35の1機で完全に勝利している。

Military.com 2015/07/01
Text: 友清仁 - FM201507

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop