NEWS

ヒトの精神的苦痛 (ストレス) を嗅ぎ分ける米海軍のセラピー犬「ジョー (Joe) 」

海外軍事 Comments(0)
多くの人々の心を癒し、生命を救ったセラピー犬が米海軍公式 YouTube チャンネルで紹介された。

クロとタンの色をしたラブラドール犬のジョー (Joe) 「中佐」は、国防総省の中で唯一のストレスを嗅ぎ分ができるイヌ。これまでに自殺願望を持つ者 7 名を含む、精神的苦痛 (emotional distress) を抱える患者、47 名を見分けている。
ベルヴォアール・コミュニティー病院で看護婦を務めるトレイシー・クラウス (Tracy Krauss) 海軍少佐は、ジョーのハンドラーを 2 年半務めた人物。クラウス少佐曰く、「ジョーがどのようにして精神的に病んでいるヒトを言い当てているのかが分からない」が、恐らくは、ストレスを持つ患者特有のフェロモンや、体の動きからなるボディーランゲージを読み取っているものと考えられている。

デンバー大学の研究では、セラピー犬の存在が退役軍人の間で、麻薬や鎮痛剤と言った薬物の使用軽減に繋がるとのこと。

All Hands / US Navy 2015/09/23
Photo by Reese Brown.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop