迫撃砲スタイルのエアソフト製品「Airsoft Mortar」の試作モデル

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ドイツのエアソフトチャンネル「Airsoft Keks」で、SkwAirsoft.com により開発されている迫撃砲スタイルのエアソフト製品、「Airsoft Mortar」の試作モデルを紹介する映像が公開された。

映像には、ミニボンベを格納した挿入器から、圧縮空気を射出の専用シェルに注入し、柔らかい玩具用ボールを放出させる一連の操作が紹介されている。シェルにボールを仕込む際に水を満たすことで、圧縮空気の生み出したエネルギーを効果的にボールへ伝へ、飛距離の向上に役立てるよう工夫がおこなわれている。
日本国内で本製品または同様の製品を入手する際には、圧縮した気体を使用して弾丸の発射を可能とする玩具銃の規制を定めた法令 (2007 年 2 月 20 日施行 改正銃刀法 準空気銃) や、高圧ガス保安法といった法律の違いに注意が必要となる。

なお、今回の映像で紹介されたものは、製品開発の過程で示されたプロトタイプであり、最終試作モデルでは無いとのこと。

Airsoft Keks 2015/10/31

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop