NEWS

米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの後継オプティクスを選定か。5 候補が掲載に

海外軍事 Comments(0)
米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの後継オプティクスを選定か。5 候補が掲載に
Image: Special Operations Forces Industry Conference / DTIC
Image is for illustration purposes only.
温度変化により照準が狂うとして問題となった L-3 EOTech のホロサイトについて、米特殊作戦軍 (USSOCOM) がその代替光学機器に 5 つの候補を上げて評価を始めると云う。米国の戦術装備ニュースサイト「ソルジャーシステムズ (SSD: Soldier Systems Daily) 」が報じた。

現用小火器の搭載オプティクスとして特殊部隊など広く利用されている EOTech ホロサイトの欠陥については、特殊作戦部隊の武器計画管理を務めるSOF-WPMO (Special Operations Forces - Weapons Program Management Office) がおこなった指摘を、前出のソルジャーシステムズが明るみにしたことがキッカケとなり、大きな波紋を広げている。

関連記事:
「温度変化で照準が狂う」米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの精度問題を指摘。大手代理店の出荷が停止

米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの後継オプティクスを選定か。5 候補が掲載に
Photo: Trijicon MRO (Left), Trijicon SRS (Right)
今回の続報で示された中には、エイムポイント T2 の他、リューポルドからは LCO (Leupold Carbine Optic) と同じくリューポルド製の DeltaPoint Pro が、そしてトリジコンからは MRO (Miniature Rifle Optic) と SRS (Sealed Reflex Sight) の名が候補オプティクスとして挙げられている。

SSD 2015/11/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名 (2019-06-26 11:27)
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop