NEWS

米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの後継オプティクスを選定か。5 候補が掲載に

海外軍事 Comments(0)

Image: Special Operations Forces Industry Conference / DTIC
Image is for illustration purposes only.
温度変化により照準が狂うとして問題となった L-3 EOTech のホロサイトについて、米特殊作戦軍 (USSOCOM) がその代替光学機器に 5 つの候補を上げて評価を始めると云う。米国の戦術装備ニュースサイト「ソルジャーシステムズ (SSD: Soldier Systems Daily) 」が報じた。

現用小火器の搭載オプティクスとして特殊部隊など広く利用されている EOTech ホロサイトの欠陥については、特殊作戦部隊の武器計画管理を務めるSOF-WPMO (Special Operations Forces - Weapons Program Management Office) がおこなった指摘を、前出のソルジャーシステムズが明るみにしたことがキッカケとなり、大きな波紋を広げている。

関連記事:
「温度変化で照準が狂う」米特殊作戦軍、EOTech ホロサイトの精度問題を指摘。大手代理店の出荷が停止


Photo: Trijicon MRO (Left), Trijicon SRS (Right)
今回の続報で示された中には、エイムポイント T2 の他、リューポルドからは LCO (Leupold Carbine Optic) と同じくリューポルド製の DeltaPoint Pro が、そしてトリジコンからは MRO (Miniature Rifle Optic) と SRS (Sealed Reflex Sight) の名が候補オプティクスとして挙げられている。

SSD 2015/11/09

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop