NEWS

ロシア、対人型 "スマート" 地雷「メダリオン (Медальон) POM-3 」を開発

海外軍事 Comments(0)
ロシアの武器メーカーが全く新しいアイデアの下、対人型 "スマート" 地雷「メダリオン (Медальон) 」を開発した。(メダリオンは第二の名前「POM-3 (ПОМ-3) 」を持っている)

メダリオン POM-3 の最大の特徴は「電子頭脳チップ (ナノ・ブレイン) 」の搭載が挙げられている。これによって武装した敵にのみ起爆するとし、一般市民との区別が出来る他、アフガニスタンなどでも散発していた、野生動物を対象とする誤爆にも対応できるという。

メダリオン POM-3 の諸元は以下の通り。

重量: 1.3 キログラム
動作温度範囲: 摂氏 -40 度~ +50 度
子爆発体の数: 1,850 個
対人有効距離: 半径 8 メートル
致傷範囲 (非防護時) : 13 メートル以上
保存可能期間: 11 年

メダリオン POM-3 は既にフィールド試験をパスしており、近くロシア連邦軍へ向けて配備される予定。

Телеканал ЗВЕЗДА 2015/11/12
Sputnik 2015/11/20
3 World-War 2015/11/12


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop