ロシア Jupiter Optics 社の AK シリーズ用ホロサイト「Valdai PG-210」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
2015年10月にモスクワで開催された防衛産業国際展示会「Kubinka」で、ロシアのノヴゴロド州ヴァルダイに本社を構える光学機器メーカー:Jupiter Optics 社が、ホログラフィックサイト『 Valdai PG-210 』を発表した。同社は、自動車用精密部品やカメラ用レンズなども手掛けているが、軍隊向けの製品を中心に開発・生産を行っており、2000年代にはナイトビジョン分野で世界最大の生産量を誇っていたロシアで有数の軍需企業である。
『 Valdai PG-210 』は、AKライフルシリーズ用に開発された等倍ホログラフィックサイトで、視差範囲は100~300メートルでの使用を前提に設計されている(EOTech ホロサイトは約50~100メートルの範囲)。レチクル輝度は、昼夜を問わず使用できる9段階(4 night & 5 day)備えており、NVGにも対応している。また、レチクルは可変式で、距離に応じてサイズと形状が任意で変えられるようだ。バッテリーは単三電池1本を使用し、平均輝度値で2000時間以上可動するとしている。ピカティニーレールマウント仕様。

●動作温度:-40~50℃
●防水:水深2メートルで1時間
●ウィンドウサイズ:25mm X 25mm 視野角12°
●外寸:133mm X 80mm X 53mm
●重量:297g

参考動画(1:19辺り)

参考動画(8:46辺り)

Sputnik News 2015/10/10
Text: 弓削島一樹 - FM201601

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop