NEWS

米陸軍、研究目的で 3 週間ぶっ通し「MRE (Meals Ready to Eat) 」のみを食べ続ける被験者を募集

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、研究目的で 3 週間ぶっ通し「MRE (Meals Ready to Eat) 」のみを食べ続ける被験者を募集
Photo Credit: Sgt. Jess Williams
Image is for illustration purposes only.
米陸軍が、研究目的の為に 3 週間ぶっ通しで MRE (Meals Ready to Eat) のみを食べ続けてくれる被験者を募集している。18 ~ 62 歳でなければならず、200 ドル (=約 24,000 円) の支払いも用意されている。

マサチューセッツ州ネイティックの陸軍省環境医学研究所 (USARIEM: U.S.Army Research Institute of Environmental Medicine) が主導するこの取り組み、消化管の健康 (gut health) を調査するというもので、その重要な役割を担っている消化器官内のバクテリアと、食物との相互作用を調査する。

関連記事:
「あなたが軍用レーションについて知らない5つのこと」を教えてくれる動画
米陸軍、オンラインの戦闘レーション・データベースを開設
「水」を必要としない米陸軍の次世代 MRE 加熱用ヒーターの取り組み
パッケージ化された MRE は、戦場で活躍する兵士の肉体にとって必要な栄養やカロリーを提供するよう計算されて作られているが、自然食品には含まれている必要不可欠な要素が見落とされていた。

発展途上の地域へ遠征することもある米軍の兵士においては、地域特有の食物を口にする機会があり、それが原因で胃腸障害を引き起こすこともある。しかし、有益なバクテリアを消化管内に留めることで、そのリスクを低減させることができるものと考えられている。

Army Times 2015/12/30
U.S. Army 2015/12/16

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop