NEWS

米陸軍、研究目的で 3 週間ぶっ通し「MRE (Meals Ready to Eat) 」のみを食べ続ける被験者を募集

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、研究目的で 3 週間ぶっ通し「MRE (Meals Ready to Eat) 」のみを食べ続ける被験者を募集
Photo Credit: Sgt. Jess Williams
Image is for illustration purposes only.
米陸軍が、研究目的の為に 3 週間ぶっ通しで MRE (Meals Ready to Eat) のみを食べ続けてくれる被験者を募集している。18 ~ 62 歳でなければならず、200 ドル (=約 24,000 円) の支払いも用意されている。

マサチューセッツ州ネイティックの陸軍省環境医学研究所 (USARIEM: U.S.Army Research Institute of Environmental Medicine) が主導するこの取り組み、消化管の健康 (gut health) を調査するというもので、その重要な役割を担っている消化器官内のバクテリアと、食物との相互作用を調査する。

関連記事:
「あなたが軍用レーションについて知らない5つのこと」を教えてくれる動画
米陸軍、オンラインの戦闘レーション・データベースを開設
「水」を必要としない米陸軍の次世代 MRE 加熱用ヒーターの取り組み
パッケージ化された MRE は、戦場で活躍する兵士の肉体にとって必要な栄養やカロリーを提供するよう計算されて作られているが、自然食品には含まれている必要不可欠な要素が見落とされていた。

発展途上の地域へ遠征することもある米軍の兵士においては、地域特有の食物を口にする機会があり、それが原因で胃腸障害を引き起こすこともある。しかし、有益なバクテリアを消化管内に留めることで、そのリスクを低減させることができるものと考えられている。

Army Times 2015/12/30
U.S. Army 2015/12/16

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop