NEWS

台湾 WE Airsoft、ガスブローバック式 M1A1 最終量産モデルの写真を公開

海外軍事 Comments(0)
台湾 WE Airsoft、ガスブローバック式 M1A1 最終量産モデルの写真を公開

[2016-01-05]Check out the final production model of this long-awaited, legendary GBBR.This model has gone into mass...

Posted by WE Airsoft on 2015年3月1日
台湾エアソフトメーカー WE Airsoft が、次期新作ガスブローバック式エアソフトの写真 21 点を公開した。

同社ではこれに先立ち、2015 年 3 月に M1A1 GBB の初報を示しており、今回のものはその「最終量産型 (final production model) 」。なお、当初示された緒元は以下の通り。

Power Source: Gas Blowback
Magazine Capacity: 30 Rounds
Firing Mode: Semi / Full-Auto
Sights: Blade front, fixed battle rear
Inner Barrel Length: ~ 250mm
Gun Length: ~ 812mm
Package Includes:
1 x Rifle
1 x Product Manual
1 x 30 Round Magazine [Gas]
既に量産体制に移っており、各地域のディーラーでの取り扱いが近く始まる予定。
(日本仕様については、未確認)


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop