陸自 西部方面普通科連隊 (WAiR) が渡米演習「アイアン・フィスト 2016」で実射訓練

国内軍事関連 Comments(0)
陸自 西部方面普通科連隊 (WAiR) が渡米演習「アイアン・フィスト 2016」で実射訓練
米国における海兵隊と陸上自衛隊による実動訓練、恒例の「アイアン・フィスト (Exercise Iron Fist) 」が、カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトン周辺海域で始まった。

米陸軍の運営するインターネットメディア DVIDS や、第 11 海兵遠征部隊 (MEU: Marine Expeditionary Unit) の YouTube チャンネルでは、カウンターパートの陸上自衛隊 西部方面普通科連隊 (WAiR: Western Army Infantry Regiment) との訓練演習の模様が公開中。

T-14 days until we kick off Exercise Iron Fist 2016, the annual bilateral amphibious exercise with our brothers in the...

Posted by 11th Marine Expeditionary Unit on 2016年1月8日
アイアン・フィストは、島嶼部の防衛能力向上を図るため、効果的な訓練施設を持つ米国に部隊を派遣。必要な戦術・戦闘及び米軍との相互連携要領を演練し、その向上を図るのが狙いとしている。

11th Marine Expeditionary Unit 2016/01/28

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動
住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願
自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む
自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新
『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 『子供達を護る』田村装備開発がクラウドファンディングで危機管理対策プロジェクトを始動 (2019-10-30 17:41)
 住友重工がマルチキャリバー軽機関銃の特許を出願 (2019-10-25 12:04)
 自衛隊 令和2年度の予算要求概算に「新小銃」「新拳銃」の調達費用を約10億円盛り込む (2019-09-03 15:42)
 自衛隊新制式小銃らしき銃の意匠登録を豊和工業が更新 (2019-08-28 17:51)
 『自衛隊の特殊部隊』が米アフリカ軍(AFRICOM)の年次特殊部隊演習「Flintlock 2019」にオブザーバー参加 (2019-02-19 12:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop