NEWS

ダーイッシュ (IS) 戦闘員が恐怖におののく「凄腕スナイパー」が実在か?トップ指導者 3 名が次々と排除

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: Sgt. William Howard
Image is for illustration purposes only.
戦禍に包まれた北アフリカ・リビアで、ここ最近、僅か 10 日間でダーイッシュ (IS, Islamic State, ISIS, ISIL) のトップ指導者 3 名が次々と銃弾に倒れた。謎のベールに包まれた「凄腕スナイパー」の存在が、まことしやかに囁かれている。

関連記事:
英・特殊部隊 SAS スナイパー、1Km 先の壁を貫通させて狙撃。3 名の敵戦闘員を排除し 20 名の市民を解放

舞台となっているのは、ダーイッシュ支配下の中心、リビアの都市スルト (Sirt) 。スルトは、リビアにおける革命指導者で最高指導者だった、故・ムアンマル・アル=カダフィー (Muammar al-Gaddafi) 大佐が生まれ、没した所縁ある場所。昨年の夏からダーイッシュに陥落しており、最大で 2,000 名の戦闘員がいると考えられている。

この「ダーイッシュ・ハンター (Daesh hunter) 」が 1 月初旬、最初の獲物に選んだのは、ハマド・アドベル・ハディ (Hamad Abdel Hady) 容疑者。その後、19 日にはアブ・モハメド・デルナウィ (Abu Mohammed Dernawi) 容疑者が葬り去られている。そして最近では 23 日に、リビア南西部の都市ウバリで司令官を務めていたアブドゥッラー・ハマド・アル=アンサリ (Abdullah Hamad Al-Ansari) 容疑者が餌食となった。

多くの報道にある通り、ダーイッシュの支配地域においては、徹底的な「恐怖」と「秘密主義」が敷かれている。その為、これら 3 件の狙撃成功例は、いずれも困難な環境の中でおこなわれたものと考えられている。

気になるこのハンターについては、昨年初めにシルトの支配権を巡ってダーイッシュと戦っていた、リビア北部の都市・ミスラタ近隣の民兵であると考える意見が多い。しかしその一方で、米国の複数の工作員が活動していると伝えられていることから、特殊部隊のスナイパーによる成果と憶測する意見も後を絶たない。

1 名のスナイパーによる戦果か、または複数名によるものかすら分かっておらず、単なる「都市伝説」的なものかもしれないが、ネット上では (希望的意味合いを含めてか)「単独説」に話題が集中しているようだ。

Telegraph 2016/01/29

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop