NEWS

米空軍「SR-71 ブラックバード」と海軍戦艦「ノースカロライナ」のパーツから製造された指輪

海外軍事 Comments(0)
木材パーツを用いた指輪デザインを手掛ける「ウェッジウッド・リングス (Wedgewood Rings) 」が、軍用機と戦艦で実際に使われていた部材を使った指輪を発表した。

この指輪には、外枠に SR-71 ブラックバード (Blackbird) のエジェクターノズルで実際に使われていたチタン材が、内枠には戦艦ノースカロライナ (USS North Carolina, BB-55) の甲板で使われていたチーク材が使用されている。
米空軍などで運用されていた SR-71 ブラックバードは、1960 年代に掛けてロッキード社の「スカンクワークス」部門により極秘で開発された超音速・高高度戦略偵察機。本製品に使われているチタン材は、当時空軍で整備士を務めていたダン・フリーマン (Dan Freeman) 氏からの提供によるもので、ウェッジウッド・リングスのブログには、出所が本物であることを示す書類を掲載している。

また一方で、米海軍のノースカロライナ級戦艦のネームシップである戦艦ノースカロライナは、1941 年に就役し、1947 年に退役。その後、1960 年に除籍された後、現在は博物館船として公開されている。

Wedgewood Rings 2016/01/25

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop