NEWS

米空軍「SR-71 ブラックバード」と海軍戦艦「ノースカロライナ」のパーツから製造された指輪

海外軍事 Comments(0)
木材パーツを用いた指輪デザインを手掛ける「ウェッジウッド・リングス (Wedgewood Rings) 」が、軍用機と戦艦で実際に使われていた部材を使った指輪を発表した。

この指輪には、外枠に SR-71 ブラックバード (Blackbird) のエジェクターノズルで実際に使われていたチタン材が、内枠には戦艦ノースカロライナ (USS North Carolina, BB-55) の甲板で使われていたチーク材が使用されている。
米空軍などで運用されていた SR-71 ブラックバードは、1960 年代に掛けてロッキード社の「スカンクワークス」部門により極秘で開発された超音速・高高度戦略偵察機。本製品に使われているチタン材は、当時空軍で整備士を務めていたダン・フリーマン (Dan Freeman) 氏からの提供によるもので、ウェッジウッド・リングスのブログには、出所が本物であることを示す書類を掲載している。

また一方で、米海軍のノースカロライナ級戦艦のネームシップである戦艦ノースカロライナは、1941 年に就役し、1947 年に退役。その後、1960 年に除籍された後、現在は博物館船として公開されている。

Wedgewood Rings 2016/01/25

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop