NEWS

コールサイン「ウルヴァリン」、映画俳優のヒュー・ジャックマンが F-16 戦闘機に搭乗

海外軍事 Comments(0)



Fly Like an Eagle ... or Wolverine

We can neither confirm nor deny rumors that Hugh Jackman joined the United States Air Force. Here he is in an F-16 at Naval Air Station Joint Reserve Base Fort Worth on Friday. Might we suggest a new call sign? "Wolverine."

Posted by U.S. Department of Defense (DOD) on 2016年2月20日
マーベル・コミック映画「ウルヴァリン」役などで知られる、オーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマン (Hugh Jackman) が、F-16 戦闘機への搭乗の為、テキサス州フォートワースにある海軍航空ステーション統合予備役基地 (NAS Fort Worth Joint Reserve Base) の第 301 戦闘航空団を訪れた。

フライトラインでジャックマンは、集まった人々に対して軽く挨拶をおこない、機体へ搭乗。サムアップしながらカメラの撮影に応えている。
これは、2016 年 2 月 26 日に海外で公開される映画「エディー・ジ・イーグル (Eddie the Eagle) 」のプロモーションの一環で、ジャックマンは共演者のタロン・エガートンと共にフォートワースを訪れている。

映画は、英国史上初となるスキージャンプでオリンピック代表選手となったマイケル・エドワーズ (Michael Edwards) 氏の実話に基づく作品。ジャックマン扮する凄腕の変わり者コーチが、ドジで冴えない青年だったエガートン演じるエドワーズの育成に当たるというもの。エガートンによるドジッぷりの名演技がコメディ作品バリだとして評価を得ている。

301st Fighter Wing via DVIDS 2016/02/19

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop