NEWS

ロシア軍のヘリコプターが悠然と飛び立ち、実弾射撃演習に向かう映像

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 2月 20日、公式 YouTube チャンネルに「ナイトハンターとクロコダイルはクバンにて旋風を巻き起こす」と題した動画をアップロードした。

この動画はクラスノダール地方にて行われた実弾射撃演習を取材したものである。
Mi-28N ノチュノーイ・オホートニ・Mi-8AMTSh チェルミナートル・Mi-24 クロコダイルが悠然と発進し、目標に向かい射撃演習を行っている。
この演習に参加した機体はいずれもロシア航空宇宙軍の主力機体であり、またシリア空爆作戦においてもMi-8AMTSh・Mi-24は実戦投入されている。なおシリアでは確認されていないMi-28Nではあるが、現在イラク空軍に供与されており、ISILの掃討作戦に参戦している。

Iraq receives Russian Mi-28 'Night Hunter' helicopters

Ирак вертолеты МИ 28 бомбят игил


Телеканал ЗВЕЗДА 2016/02/20
Text: WT83 - FM201603

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop