カプコン、「バイオハザード」 20 周年感謝パーティーを開催

ビデオゲーム Comments(0)
カプコンは 3 月 22 日、東京都内でメディアや関係者を招き「バイオハザード」シリーズの誕生 20 周年を記念した感謝パーティーを開催した。会場内には、パセラコラボメニューの試食や、数々のコラボ商品の発売情報、新作の試遊台が設置された他、スペシャルゲストとしてバイオハザードの熱狂的ファンとして知られる鈴木史郎氏を招いたトークショーがおこなわれた。

BSAA、STARSのユニフォームとギアを着用したマネキンが出迎えてくれた。


バイオハザード 20 周年グッズ展示エリアで紹介されていた「救急用スプレー」をイメージしたサーモボトル(飲料用保冷ボトル)と、記念 T シャツ(白、黒バージョン)。

バイオハザードの歴史の始まりである「アンブレラ社」と「S.T.A.R.S.」「20 周年ロゴ」の 3 種の ZIPPO ライター。

そしてバイオハザードと言えば、東京マルイ社とのコラボによるエアソフト化の発売も毎回話題となっていた。会場内にはもちろん、東京マルイ社の顔とも言うべき広報の島村氏の姿があった。

パーティーが始まり、登壇したのは「バイオハザード」シリーズ プロデューサー 川田将央氏。20 周年記念サイトの正式オープンが発表された。

バイオハザード 20 周年記念サイト
http://www.capcom.co.jp/biohazard20th/

大型のスクリーンには、時系列に沿ってバイオハザードシリーズを紹介するスライドが映し出された。
初代プレイステーション版で発売された原点とも言える作品からシリーズを重ねただけでなく、ゲームの枠組みを超えてハリウッドへのデビューを果たし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの「リアル」進出を図るなどの変遷を経て、現在の国民的タイトルの 1 つとなった様子が紹介されている。

左:1998 年~ 2001 年 ラクーンシティから世界へと、広がる舞台。
・1998 年 1 月 29 日「バイオハザード 2」
・1999 年 9 月 22 日「バイオハザード 3」
・2000 年 2 月 3 日 / 2001 年 3 月 22 日「バイオハザード コード:ベロニカ」
右:2002 年 「バイオハザード」、ハリウッドデビュー
・2002 年 3 月 22 日「バイオハザード(リメイク版)」
・2002 年 8 月 31 日 映画「バイオハザード」
・2002 年 11 月 21 日「バイオハザード 0」

左:2005 年 大いなる変革
・2005 年 1 月 27 日「バイオハザード 4」
右:2008 年~ 2010 年 シリーズはさらに加速する
・2008 年 10 月 18 日 映画「バイオハザード ディジェネレーション」
・2009 年 3 月 5 日「バイオハザード 5」
・2010 年 2 月 18 日「バイオハザード 5 オルタナティブ エディション」

左:2012 年 原点回帰と、さらなる進化
・2012 年 1 月 26 日「バイオハザード リベレーションズ」
・2012 年 10 月 4 日「バイオハザード 6」
右:2013 年 「リアル」に展開するバイオハザード
・2013 年 7 月 19 日「バイオハザード・ザ・リアル」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
・2014 年 8 月 8 日「バイオハザード・ザ・リアル 2」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

左:2015 年 シリーズの新たな挑戦
・2015 年 1 月 23 日「バイオハザード・ザ・エスケープ」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
・2015 年 3 月 19 日「バイオハザード リベレーションズ 2」
右:2016 年 20 周年記念イヤーを迎えて
・2016 年 1 月 15 日より好評開催中「バイオハザード・ザ・エスケープ 2」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)
・2016 年 5 月 12 日「バイオハザード アンブレラコア」

5 月 12 日に発売を控える期待の新作対戦型シューター 「バイオハザード アンブレラコア」は、ハイテンポに展開される接近戦闘の緊張感と、ゾンビによる予測不能の状況変化に特徴を持つ。

シューティングバー EA、BASE CAMP KAWABA、ASOBIBA ・・・。「バイオハザード」シリーズと言えば、今までに数々のサバゲー関連とのコラボを手掛けている。

そして今回、新たに「九龍 戦闘市街区」とのコラボサバイバルゲーム実施が発表された。
九龍城塞をモチーフにした、入り組んだ三階層の立体フィールドが人気のインドアサバイバルゲームフィールド「九龍 戦闘市街区」に「バイオハザード」の世界観が織り交ぜられる。2016 年 4 月 22 日 (金) ~ 5 月 22 日 (日) まで 1 ヶ月の期間限定開催。予約受付は 4 月 1 日 (金) ~開始となる。

「バイオハザード アンブレラコア」でプロデューサーを務めるバンス・ジェームス氏と、シリーズを通して熱狂的なファンである格闘家の鈴木悟氏が登場し、最新のコラボレーション情報が発表となった。

東京マルイ×バイオハザードのゴールデンコラボが再降臨。20 周年完全限定エアガンのコラボが決定となったことが発表された。残念ながらこの日の発表では、具体的な情報は明らかとなっていない。近い内に追加リリースが発表されるはずなので、期待に胸を膨らませながらそちらをお待ち頂きたい。

GSX × バイオハザード。20 周年限定ウォッチ<Umbrella>の製作が決定に。アンブレラロゴを特別に文字盤に配置したスペシャル仕様となっている。2016 年秋での発売予定。

スペシャルゲストとして登壇した鈴木史郎氏。御年 78 歳にして、自他共に認める熱狂的ゲーマー。特に「バイオハザード」シリーズの大ファンであることは有名で、その腕前も凄まじく、前日に自宅でプレイした「バイオハザード4」の「マーセナリーズ」では、19 万点以上を獲得したと発言し、集まったメディアの喝さいを浴びた。


鈴木氏は最後に、「バイオハザードをよろしくお願いいたします。後期高齢者からのお願いです」と語り、川田氏は「20 周年は始まったばかりです。まだお伝えしきれていない情報もあるので、引き続き今後もご注目ください」と述べて締め括った。

その他、本稿でご紹介し切れなかった写真については、下記ミリブロ公式 FaceBook ギャラリーにて掲載中。

http://news.militaryblog.jp/e753160.html

ミリタリーブログ - Military Blog Japanさんの投稿 2016年3月24日
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始 (2018-09-26 19:43)
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
 首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開 (2018-06-18 22:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop