一瞬の操作でバックパックからサブマシンガン携行のボディーアーマーが展開するシステム

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
一瞬の操作でバックパックからサブマシンガン携行のボディーアーマーが展開するシステム
一瞥しただけでは単なるバックパックにしか見えないが、緊急時に素早く防弾プレートのキャリアへ変貌を遂げるアーマーシステムの紹介トレーラーが話題となっている。

関連記事:
LAHNER Tactical による Navigare GmbH マルチプロテクション「X-Carrier」紹介映像
映像では一般の通行人のように、バックパックを背負ったラフなスタイルの人物が、背中に手を差し伸ばし、ハンドルを引き抜く一瞬の操作だけで、プレートキャリアが展開する様子が収められている。(映像の中盤にある通り、実際の展開操作では、左鎖骨付近にあるクイックリリースを引っ張る動作が必要)

展開されたこのボディーアーマーには、ワイヤー式スリングによりコンパクトな形状のサブマシンガンが収納されており、展開と同時に即座に臨戦態勢へ移すことができる。また、バックパックのサイドファスナーを開くと、予備弾倉とサイドアームとしてピストルのホールドも可能となっていることが分かる。対応する小火器は、H&K MP5K、MP5A3/A5、UMP9、FN P90 や G36C など全長 580mm 以下のものに限られている。

映像は、スペイン フェデュア社 (FEDUR S.A.) のもので、「MCP-BIR 2」と名付けられた製品と考えられる。エンドロールにはパテント取得関連の表記も見受けられる。同社は防弾ヘルメットやアーマー装備の開発を手掛けている。

FEDUR S.A.

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表
Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売
頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が2020年新モデル『AKシリーズ』を発表 (2019-09-09 19:15)
 Strike Industries製グロック19用の軽量カスタムスライド「ARK」が新発売 (2019-09-05 15:41)
 頭部をクールダウン。SRUがサバゲー向けアイデア商品『エアフローシステム』を開発中 (2019-08-29 13:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop