NEWS

フォード社の警察用車両「ポリス・インターセプター」が「レベル4」の対弾性能をもつ初めての「追跡用」車両に

海外軍事 Comments(0)
フォード社の警察用車両「ポリス・インターセプター」が「レベル4」の対弾性能をもつ初めての「追跡用」車両に
Photo: 2016 Ford Police Interceptor from Ford official site
逃走する犯罪者を追跡できるだけの高速性能と、銃弾を防ぐための重厚な防御装備は矛盾する要素である。しかし米・フォード社はこの相反する要求を見事に消化。警察向け車両「ポリス・インターセプター」の「追跡用(pursuit-rated)」水準を維持しつつ、ライフル用徹甲弾すら防ぐ最高ランクの対弾性能「レベル4」を持たせることに成功した。すべてのハンドガン用弾薬と一部のライフル弾を防ぐことができる「レベル3」の装備に加え、30口径用のM2徹甲弾などいわゆる「AP」弾にも対応できる「レベル4」装備をオプションで提供するとしている。
公開された動画では人員・装備運搬用の「ポリス・インターセプター・ユーティリティー」に「レベル3」の対弾テストを行っている。5.56mmのフルオート射撃や7.62mm、12ゲージのスラグ弾などに加え、AK用の7.62x39mm弾を撃ちこんでいるが、いずれも貫通させることなくドアパネルで止まっている。

Ford Interceptor Police Ballistics Level III Testing - YouTube
フォードによれば、乱射事件など銃器を用いた犯罪で徹甲弾が使われることは現在は稀であるがそれでも増加傾向にあるとのこと。警察官にとって車両は移動手段であるだけでなく、銃撃戦の際には重要な遮蔽物となる。現場で戦う人々にとって心強い装備となるのではないか。

Source: Ford press release 2016/3/10
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201604
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop