NEWS

元・米海軍特殊部隊 ST6 隊員が飲酒運転で逮捕

海外軍事 Comments(0)

Photo: Ex-ST6 (DevGru) Robert O’Neill
米各紙によると、9.11 同時多発テロ事件の首謀者の殺害に大きく貢献した退役特殊部隊員が、飲酒運転 (DUI: Driving Under the Influence) の容疑で逮捕された。

逮捕されたのは、元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員のロバート・オニール (Robert O’Neill) 容疑者 (39 歳)。
同容疑者は、8 日 (金) 午前 2 時半頃、合衆国の北西部にある地元モンタナ州で、コンビニエンスストアに駐車し、その車内で睡眠していた。

エンジンが掛かったままの車輌を不審に思った地元民が警察へ通報。駆け付けた警察官が職務質問をおこなったところ、酩酊による不審な言動を確認。その場でおこなった即席の飲酒テストにおいて、呼気から基準値を上回るアルコールが検出された。

過去に犯罪履歴が無かったことなどから、685 ドル (=約 74,000 円) の保釈金を支払い、数時間後に釈放されている。

オニール容疑者は、オサマ・ビン・ラディン (Osama bin Laden) 容疑者の急襲を掲げた作戦「Operation Neptune Spear (海神の槍作戦)」で差し向けられた、海軍の最精鋭チーム ST6 (SEAL Team 6, a.k.a. DevGru) の中で、アサルターであるレッドチームのメンバー。ビン・ラディン容疑者へ最後の一発を見舞った「Shooter」だと主張している人物。

2012 年に軍を後にし、2015 年 3 月に FOX News に軍事専門のコメンテーターとして参加している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop