NEWS

トルコ陸軍の AH-1W スーパーコブラ攻撃ヘリコプターが「SA-18 MANPADS」で撃墜

海外軍事 Comments(0)
トルコ陸軍の AH-1W スーパーコブラ攻撃ヘリコプターが「SA-18 MANPADS」で撃墜
5 月 13 日 (金)、トルコ南東部のハッキャリ県でトルコ陸軍所属の攻撃ヘリコプター、AH-1W スーパーコブラ とみられる回転翼機 1 機が、クルド労働者党 (PKK: Partiya Karkeran Kurdistan) メンバーの放った携帯式防空ミサイルシステムにより撃墜。その様子の一部始終を収めた映像が、戦時情報投稿チャンネルで紹介されて拡散された。
PKK メンバーが撃ち放ったのは、「9K38 イグラ (IGLA MANPADS (Man-Portable Air Defense System), NATO: SA-18 ) 」。PKK が MANPADS を所有していることは予てより噂されていたが、今回の映像で明らかとなっただけでなく、地元メディアなどの報道によれば、PKK が MANPADS を使って撃墜した初めての事例になるとのこと。

PKK の軍事部門とされる「人民防衛軍 HPG (People's Defence Force) 」は同日付でウェブサイトを通じて、「イラク国境付近でトルコ軍のヘリコプターを撃墜した」と発表。一方の、トルコ陸軍側もヘリコプターの損失自体を認めているが、当局の当初の発表では「当該機は技術的な理由により墜落した」としていた。

PKK は、クルド人国家の樹立を目指し、トルコ南東部を中心に活動する分離主義組織。40 年に渡るトルコと PKK の紛争は 2 年間の休戦を取り止めて昨年 7 月に再燃。地域に不安定要素をもたらしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop